引越共配事業部 花田センター

ドライバー・倉庫管理・受付事務

採 用 情 報

募集内容を下記より選んで詳細確認の上エントリーください

倉庫管理

受付事務

アルバイト

スタッフインタビュー

2006年入社
花田センター 副所長 坂入

経験は色々させて頂きました

なぜこの会社に入社したのですか?

2004年から引越事業のアルバイトで会社に携わっていました。
その後2006年に正社員として入社して今に至ります、先輩や後輩と和気藹々と過ごせる居心地のいい職場環境だったので正社員で入社を決めました。

どのような職場ですか?

引越から携わっていますが、家具の配送や事務機・家電などいろんな荷物に接することができて、多岐にわたる家具などの組み立てや設置の経験ができ、それを職人のようにどう組み立てればいいのか?どうしたらうまくいくのかなど切磋琢磨している仲間が多い職人肌の職場かもしれないです。
でも決してギスギスした雰囲気はないですよ。仲のいい元気な職場です。

どのような仕事内容ですか?

色々な配送があるのでその荷物によって得意な方を剪定してお客様に満足していただけるように人員配置をし、トラック手配や配車を行なっています。
今年から花田センターの副所長を承っていますのでセンターの職場環境や仕事の進め方など工夫して改善して行ってます。

入社して大変だったことは?

引越の現場から引越見積営業や家具の配送・配車担当、受付受注担当など本当に色々行なってきました。現場ではお客様のご家財を壊したり、見積もりでは満足のいくお見積もりを出せなかったり色々経験しましたが、その経験が今センターの管理者となって活きています。

2000年入社
花田センター マネージャー 白土

セクションは多岐に渡ります

なぜこの会社に入社したのですか?

住んでるところから近かったので西関東センターにアルバイトからその後社員で入社しました。
西関東センターは当時そんなに人数が多くなく学校の部活の延長のような感じで、毎日が楽しくて仕方なかったです。

どのような職場ですか?

色々な仲間がいて、現場担当や事務職の方や、本社の方なども常に話しかけて頂き和気藹々としています。
いつも笑いが起こってるような職場の雰囲気は三協ならではと感じます。でも集中して仕事に向かう姿勢は真面目でメリハリの効いた人が多い職場です。

どのような仕事内容ですか?

家具屋や家具メーカーの発注を受ける受付事務の方と一緒に仕事をしています。
現場での経験が搬入のコツや図面の見方などをレクチャーしながら仕事を行なっています。
大きな家具を新築のお家へ搬入するのは経験がないと判断できないことが多くあるので、現場は絶対経験しておかないとステプアップには苦労すると感じています。

入社して大変だったことは?

西関東センターでの入社ですがその後神奈川センターへ行き、越谷で業務を行なっていたのですが突然九州へ(別府)営業所立ち上げメンバーとして勤務しましたが、その時が大変でした。知らない土地でお客様を開拓して、関東から遠く離れた場所で単身で行った時が心細くもあり寂しかったです。
しかし、その後神奈川センター、花田センターで仲間と一緒に働くことができて今は幸せです。

2011年入社
花田センター 幅マネージャー

みんな仲良し社風が好きです

なぜこの会社に入社したのですか?

家からも近く、お給料もよかったので応募しました。
最初は現場のドライバーとしてお世話になり、その後倉庫担当として長年携わってまいりました。

どのような職場ですか?

元気がいい仲間が多く、勢いのあるセンターかなって感じています。
日々、創意工夫や仲間同士で意見交換など活発にできているのでとても仲良しです。
本社と一緒のセンターなので、本社へお越しになるお客様も多いセンターなので元気な挨拶など心掛けてるセンターです。

どのような仕事内容ですか?

倉庫管理や大手不動産やさん、ハウスメーカー・マンションデベロッパーが主な担当です。受注内容を確認したり、手配・管理を行っています。
今の主な現場の仕事はマンションの一斉搬入の自社システムを使って仕事をまとめています。

入社して大変だったことは?

入社時の思い出は、3月の繁忙期で全くの初期段階の一ヶ月の経験しかないのに責任者として八王子の現場に行って大変だった記憶があります。その時は、作業終了してセンターへ帰ってきたのが23時ごろでヘトヘトになって帰ってきた記憶がいちばんの思い出です。しかし、その時の迎えていただいた先輩や仲間がとても暖かくて疲れている私を思っていただき片付けなどしなければならないのですが、気が付いた時には終わっていました。
感謝したのも束の間で、次の日も配送の仕事ですのですぐ帰って寝たのは言うまでもありません。
仲間を感じた良い思い出です。
今はそんなに遅くなることはないのでいい環境だと感じています。

2006年入社
花田センター 西村所長

助け合いとチームプレイができる

なぜこの会社に入社したのですか?

私の父は運送ドライバーで、その背中を見ながら育った私は当然のようにクルマ好きになり、免許を取ってからは運転することが楽しくて仕方ありませんでした。
就活では“運転と運動の両方を満たせる”ことを条件に活動し、三協運輸サービスに行き着いたんです。これだ、と思いましたね。

どのような職場ですか?

いま私は花田センターの所長として、受注・売上、人材、配車、倉庫などの管理を任されています。業務のなかで私が最も心がけているのは、センターで働く40名超の仲間たちが、互いに助け合ってチームプレイが発揮出来る環境づくりですね。

どのような仕事内容ですか?

センターには年上の部下も大勢いますが、そんな人生の先輩に礼を尽くしつつ、若い人と同様に新たな提案をしてもらうような環境づくり、コミュニケーションを図っています。皆でチームとしてまとまって取り組むことで、皆のモチベーションが高まっていくセンターです。

入社して大変だったことは?

引越共配事業部に配属となった私は、以降さまざまな引越の現場に立ち会うのですが、その原点となっているのが、入社して初めて現場に出た時の経験です。
それは4トン車1台でひと家族の引越を行う一般的な内容でしだが、引越し先がなんと階段しかない4階だったんです。負けず嫌いな私は、気負いから大きく重い物にトライするのですが、長い階段にはばまれ、ことごとく上手くいきません。自分の気持ちと現実とのギャップに気づかされた1日となりました。

責任者からのメッセージ

2000年入社
常務取締役 佐々木

三協運輸サービスの引越共配は創業時からの事業を継承している部署です。
多くの先輩方によって作られてきた歴史と今後新しい展開を進んで行くときに必要なのが人材です。
風通しのいい社風や仲間意識の強いことは伝統的に変わらないことと感じます。新しい方がの斬新なアイディアや意見を織り交ぜながら今以上の多岐にわたる事業展開を行うことが必須です。
新しい事業を行うにもマンパワーがなければ行うことができません、多くの方に三協の社風を知って頂き、一緒に人生を作っていける多くの仲間との出会いを待っています。
より働きやすい環境と職場体制を整えてお待ちいたしています。

採 用 情 報

募集内容を下記より選んで詳細確認の上エントリーください

倉庫管理

受付事務

アルバイト